読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

絶対失敗しないふわふわフレンチトーストをフライパンで作る方法

レシピ レシピ-卵

f:id:heron214:20151017104022j:plain

口に入れたときに広がるふわふわした食感と、濃厚な卵と牛乳の風味が放つ重層美。朝と言えばやっぱりフレンチトーストでしょう!

きっとお洒落な読者さんは、青山にある行きつけのオーガニック系カフェ、恋人と代官山で見つけた隠れ家レストラン、ママ友と一緒に行く中目黒でのママ友会、いろんな場面でフレンチトーストを食べる機会があると思います。

今日はそんなふわふわフレンチトーストを、家で簡単に作っちゃいます!


おっと、でもちょっとその前に、フレンチトーストの定義をしておきましょうか。

世界の国々の様々なフレンチトーストあるんでね。


フレンチトーストは国によって異なる


日本でフレンチトーストというと、卵と牛乳と砂糖を使ったあまーいパンを想像するかと思います。しかし、世界にはもっと様々なバリエーションのフレンチトーストがあります!

  • 香港・・・溶き卵をパンにつけて油で揚げる。味付けはされていないので、お好みで蜂蜜やシロップをかけて食べる。ほかに、ピーナッツバターを塗って食べるところもある。

  • 台湾・・・パンに溶き卵をつけ、鉄板で焼く。甘い味付けはされず、ツナやコーンなどを挟んで食すことが多い。

  • イタリア・・・パンにモッツァレラチーズを挟みサンドイッチ風にし、卵をつけてから焼く。

  • スペイン・・・パンに牛乳と砂糖を染み込ませてから卵を絡め、オリーブオイルで揚げる。シナモンシュガーなどをまぶして食べる。

  • インド・・・玉ねぎや青唐辛子を混ぜ込んだ卵をパンに絡めてから焼いて食べる。


デザート感覚で食べるイメージのフレンチトーストですが、国によってはサンドイッチのようにして食べるところもあるんですね!


それではレシピをご紹介します!

勿論、今回紹介するのは日本風のフレンチトーストです。笑


レシピ

材料名 備考
食パン 1枚 6枚切りか4枚切りのもの
1個
牛乳 大さじ3杯
砂糖 大さじ1杯
バター 小さじ1杯分くらい
お好みのフルーツ 適量
  • 所要時間 : 20分
  • 材料費 : 100円 / 1枚


手順


①★を器に入れてよく溶きます!

f:id:heron214:20151017104019j:plain

②①を平たい器に移し、パンを浸します。

f:id:heron214:20151017104020j:plain

③3~4分ほど経ったら裏返して、反対面も染み込ませます。

f:id:heron214:20151017104021j:plain

④中火で熱したフライパンにバターを溶かし、パンを入れ両面に焦げ目がつく程度に焼きます。

⑤食べやすい大きさに切り、お好みのフルーツを添えたら完成!!

f:id:heron214:20151017104022j:plain


ポイント


  • パンは6枚切りや4枚切りのような厚めのパンを使うと、ふわふわに仕上がります!

  • 朝食にするときには前日から液に浸しておいて、焼くだけの状態にしておくと時短できますよ!



コメント


f:id:heron214:20151021125012p:plain

こんな美味しいフレンチトーストが誰でも簡単に作れるなんて、人生素晴らしい