読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

学生が経営する居酒屋「あるばか」が新橋にあるらしいので行ってきた

今、巷で大人気の居酒屋、「あるばか」をご存知ですか?

arubaka.com

ここ「あるばか」、1つだけ他の居酒屋と全く異なる点があります。


それは

大学生が経営している

というところです!

今回は、そんな「あるばか」さんに突撃取材して参りました!!



一体どんな学生が経営しているのか?


取材自体が初めてで、心臓バクバクの金曜夜6時。汗だくになりながら、お店のドアを開けると、、、

  • スタッフ「いらっしゃいませ!!」

威勢のいい挨拶で迎え入れてくださったのは、6代目の代表(店長)の細田祐平さん副代表(副店長)の横芝杏奈さん

10席ほどある店内のカウンターに案内されました!やべーよー来ちゃったよーとか思いながら、喉がカラカラなので、さっそく生ビールを注文!やっぱりビールは美味い。

ちらっと店内を見渡すと、

メディアに取り上げられていたり、

f:id:heron214:20151027175213j:plain

何故か壁一面、青森特集。(期間によってテーマが変わるそう)

f:id:heron214:20151027175211j:plain


落ち着かないままおつまみも注文しようと、目の前にあったメニューを開くと経営メンバーが載っているページを発見!

f:id:heron214:20151027175206j:plain

学年は1年生〜4年生様々。大学は早稲田、帝京平成、千葉大、東洋、理科大などなど、こちらもみんな違う大学から来ているようです。

ん〜何だかもう既に面白い。興味深々。笑 段々と緊張もほぐれてきました。



2つの「あるばか」名物とは?


メニューを眺めていて目に止まった自家製燻製。

f:id:heron214:20151027175207j:plain

どうやら、あるばかおすすめのメニューらしいので、この「燻製の盛り合わせ」を注文!
するとすぐにキッチンのほうから燻製を炙るバーナーの音と良い香りがっ!

そして出てきたのがこれ!!

f:id:heron214:20151027175205j:plain

内容は、ししゃも、チーズ、チョリソー、ホタテ、ベーコン!スモークの香りが染み付いた食材はどれも絶品!

力を入れているだけあり、失敗も多々。様々な食材の燻製に挑戦してきたようですが、野菜の燻製を試したときは流石にメニュー化出来なかったそうです。笑 トマトの燻製とか、結構気になりますけどね、、、。笑

ちなみに他のメニューはこんな感じ!

f:id:heron214:20151027175208j:plain

燻製の他に

  • ホタテバター醤油焼きそば

f:id:heron214:20151027204726j:plain

  • 厚焼き卵

f:id:heron214:20151027175214j:plain

  • サバ味噌なめろう茶漬け

f:id:heron214:20151027175215j:plain

を頂きました!

どれも美味しかったです!


またドリンクはこんな感じ

f:id:heron214:20151027175209j:plain

焼酎の種類が豊富ですね!


この「自家製燻製」はあるばかの名物の1つですが、
実はもう1つ、名物があるんです!

それは、

夢ノート

f:id:heron214:20151027175203j:plain

こちらの夢ノートには、来店したお客さんやスタッフの心の声なるものがぎっしりと書かれています!

f:id:heron214:20151027175204j:plain

ちょっと公開しちゃうとこんな感じ。

現在23冊の夢ノートがあるようで、これからもどんどん更新されて行くと思うので、来店する際には是非チェック&書き込みしちゃってください!



学生ならでは


ビールを飲んで、燻製食べて、夢ノートを読んで、ここまで普通のお客さん笑
おっと取材取材w

そんなこと忘れてしまうほど、和やかで楽しい雰囲気のお店がこの学生居酒屋「あるばか」の一番の良いところじゃないかと思います!

こんなに店員さんと楽しく喋って、仲良くなれる居酒屋って他にあるんだろうか。笑


既に虜になってるわ〜とか思っていると、そういえばずっと店長が一人でキッチンを回していることに気づきました。


f:id:heron214:20151027211219p:plain
ぼく「あれっそういえば細田さんって、どうやって料理の技術身に着けたんですか?」

率直に質問してみると、

f:id:heron214:20151027211232p:plain 細田さん「本やネットを見たり、他には周りの店舗の居酒屋さんから教えてもらったりしています!」

f:id:heron214:20151027211219p:plain
ぼく「あ〜〜〜なるほど。。。。えっ?w」


思わず聞き返してしまったのですが、周りの居酒屋と繋がりがあるようで、そういった方から直々にレシピや技術を伝授してもらっているんだとか!隣のお店が繁盛すれば、自分のお店の売り上げは落ちてしまうというのに、周りのお店から支えられているとは。これはまさに、学生ならではですね。

「あるばか」は1年毎に学生メンバーの総入れ替わりがあるため、毎年周りの店舗にあいさつに回るみたいなのですが、やっぱりそういった素直な姿勢もあって、愛されているんだなーと思いました。



お客さんは社会人が多い


学生が経営する居酒屋だからお客さんも学生ばかりが集まっているのかというと、どうやらそうでもないようです。新橋にあるというのも理由の1つかもしれませんが、なるほど〜と思うお話を1つ聞かせていただきました。

ある日のこと。普段のように居酒屋で営業していると社会人のお客さんが。カウンターに座り、いつものようにそのお客さんはお酒をおつまみを食べながら、楽しくおしゃべりをしていました。


f:id:heron214:20151027211517p:plain
お客さん「今の学生は、普段どんなことを考えているの?」

まあ普通に学生生活を終えて数年数十年経った社会人が、気になるであろう無難な話題。

そんな話をしながら楽しい時間をお客さんと過ごして、そろそろいい時間。そしてお会計のとき。

お客さん「実は私、ある企業で人事をやっているんです。」

就活などで、学生と触れ合う機会が多い人事部の方ですが、どうもスーツでバシッと決めた会社の説明会などでは、学生と腹を割って話せない。そういうところでは、学生側も構えてしまうだろうし、企業側も良く見せようとしてしまう。そんな時にこの学生居酒屋「あるばか」を知り、フラットな関係で話せるのではないかと思い、来店したそう。

ん〜〜〜凄く面白い。

最近は企業も頑張ってなるべく格式ばってないよう見せるための工夫をしていますよね。説明会にちょっと変わったグループワークを組み込んでみたり、ランチをしながら直接役員と話せる企画をしたり、お酒を飲みながら人事と話せる機会を設けたりなど。

でもやっぱ壁はあるんですよねー。

もちろん、学生をダイレクトに採用できるわけではありませんが、学生とフラットな関係で話せるという意味では、「あるばか」凄く良い場所かもしれません。

人事部の方、学生居酒屋「あるばか」を是非ご利用ください。笑



学校で学んだことをすぐ実践できる環境


「あるばか」の店長の細田さんは現在早稲田大学の3年生で、ゼミでは経営について学んでいるとのこと。

最近ではこのゼミで、日本の大企業と、海外の企業、ベンチャー企業の「意思決定」の違いについて学び、実際に学んだことを「あるばか」で実践していて、ぼくもちょっと勉強させていただきました。笑


f:id:heron214:20151027211232p:plain
細田さん「日本の大企業は決断が遅い。下からプランが上がってきても上司はリスクなどを理由に、直ぐ却下してしまう。ところが、Googleのような現在トップを走る企業や、サムスンといったベンチャー企業はこういうとき、とりあえずやってみるという姿勢を大事にしている。日本の大企業はPDCAサイクル(Plan→Do→Check→Actという一連の業務プロセスを意味する経営用語)を考えたときに、1巡で完璧にこなそうとするが、現在勢いのある企業はこのサイクルを軌道修正をかけつつ何度も繰り返しては進んでいく。」


ぼくもベンチャーやスタートアップ、起業に興味があるので、確かに〜とか言いながら盛り上がってしまいました。笑

まさか居酒屋にきて店員の人と「大企業とベンチャーのPDCAサイクル」について会話するとは思いませんでしたw

これもまた学生居酒屋ならではの面白さなんじゃないでしょうか!


こういったことを学校で学び、「あるばか」での代表として姿勢も変わってきたとのこと。
このように学校でのインプットを直ぐにアウトプット出来るような環境って、学生にはなかなかありませんよね。学んだことを直ぐに実践出来る場所、そりゃぁスタッフにとっても居心地がいいはずだぁ。と納得。



経営システムってどうなっているの?


f:id:heron214:20151027211716j:plain

やりがいは物凄くあっても、もちろん楽しいことばかりではありません。
今年で設立5年目となる「あるばか」ですが、設立当初は壮絶なストーリーがあったようです。

当時大学4年生の初代代表の方は、あることがきっかけで新橋に空いているお店があるということを知りました。周りの友達が残りの学生生活を海外旅行などして楽しむなか、このスペースで飲食店経営をするための準備に励んでいました。事は上手く進み、お店と初代代表の中間にいた1人の社会人が出資者になるということで、資金は確保!メンバーも集まり、契約も無事進んで開業できるぞ!!

ところが、

開店の1ヶ月前、突如出資者の社会人が音信不通に、、、。

崖っぷちに立たされた初代代表は、それでも突っ走って経営することを決意。そのまま自己資金で開業するため、メンバーから資金を出し合って、なんとか開店に至ったということでした。


現在、既に6代目まで続いています。毎年メンバーが入れ替わる制度を取っているため、毎年新しいメンバーが補償金や前の代の設備代などもろもろを買い取るという形で、ここまで来ています。お店で出した利益はこういった資金の回収や、食材の原価、家賃、スタッフの給与などという形で分配されているそうです!

そして本当に感心したのが、「あるばか」はメンバー1人1人が経理、経営、企画、衛生、総務などの部署に配属されていて、本当に全部学生だけで経営しています。

サークル作って満足していたぼく、赤面の至り。笑



「あるばか」が目指すもの


私たちは、世の中に元気で幸せな人であふれてほしいとの想いで居酒屋を経営しています。 未来に夢を持つ私たち学生で、社会の基準で価値を生み出したい。 そんな居酒屋あるばかでは、一人で来ても安心できる居心地のよい空間、豊富なお酒と愛情こもった料理、熱い想いを持つ人との出会いをご提供させて頂きます。 あるばかにお越しいただいたことで、「明日も頑張ろう」と思って頂けるように。関わって頂いた全ての方々に最高の満足をして頂けるように。今後も全力を尽くします!

http://arubaka.com/aboutus/

少なくとも、ぼくが来店した日はまさにこの言葉をそのまま実践されていました!
とても楽しい雰囲気の中にも、活気のある学生から伝わってくるパワーは本当に凄かったです!
(あ、自分も大学生だった。笑)



最後に


最後に記念撮影をさせていただきました!

パシャり。

f:id:heron214:20151027204153j:plain

とても素敵な時間をありがとうございました!!
取材ということを忘れてしまうほど、楽しい時間でした。


是非、みなさんもこの学生居酒屋「あるばか」に出向いては如何でしょうか?

ちょうど現在次期メンバーの募集をしているみたいで、その説明会を下記の場所・日程で行うようです!興味がある学生さんは気軽に足を運んでみては如何でしょうか?

会場:工学院大学 新宿キャンパス
①11月14日(土) 12:00~14:00
②11月21日(土) 12:00~14:00
③11月28日(土) 12:00~14:00

*詳しくはあるばかのブログをご覧ください!

ameblo.jp


f:id:heron214:20151027212143p:plain

学生居酒屋あるばか

arubaka.com

17:00-23:00 (L.O. Food 22:20/Drink 22:30)

定休日:日曜日 ※曜日・状況によってはスタンディングとなります。

〒105-0004 東京都港区新橋4-15-8 B1F(JR新橋駅烏森口より徒歩約3分)
電話 080-5867-6722


  • twitter

twitter.com


  • facebook

https://www.facebook.com/arubakawww.facebook.com


  • ブログ

ameblo.jp