読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

アマチュアカメラマンが教えるカメラで月10万稼ぐための10個の方法

f:id:heron214:20170312125134j:plain

ぼくは今フリーランスカメラマンとして活動しています。今はIT企業で働きながら週末などの時間で撮影をしていますが、楽しくてしかたがありません。

ほんの1年前に全くの素人からやり始め、これまで100件以上の撮影を行いました。 www.yuiki1994.com


ぼくはフリーランスカメラマンですが、カメラマンの働きかたにはいろいろなスタイルがあります。

例えば、がっつりカメラを仕事にするプロカメラマンまでの道といえば、ひと昔前であれば以下の様なものが王道の道となっていました。

・どこかの個人のスタジオに弟子入りして、一人前になるまでアシスタントとして働く。
・大手スタジオに就職(子供写真のスタジオアリスやカメラのキタムラなど)。
・事業会社にカメラマンとして就職(広告やマスコミなど)。

しかし、今はプロほどの技術がなくてもどんどん素人カメラマンが稼ぐことが出来ます。

なぜなら、今はインターネットが発達しているからです。


今の時代なら工夫すれば、アマチュアカメラマンがプロ並みに稼ぐ方法がいくつもあります。

今回はその方法をまとめたのでご参考にしていただければ幸いです!


(1)クラウドソーシング

f:id:heron214:20170312125235p:plain

クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングの企業をご存知でしょうか?インターネットを通して受発注が出来るサイトです。

自分で案件を探し、やりたい撮影内容があればメッセージを送るというシンプルな内容です。

法人がほとんどなので、まだ始めたてで自信があまりないといった人には、ココナラ というサービスがオススメです!自分のスキルなどを出品することが出来ます。

無料登録はこちら からどうぞ。

  • ひと月に稼げる目安:~10万


(2)SNSやブログで発信する

f:id:heron214:20170312125307p:plain

ぼくは主にこのブログから撮影依頼を受けています。

今まで撮影した実績などを公開しやすいのでブログはオススメですが、依頼が届き始めるまではちょっと時間がかかります。

それに比べてInstagramやTwitterであれば写真との親和性が高いので、かなり依頼を受けやすいのではないかと思います。

  • ひと月に稼げる目安:~20万


(3)BASE

f:id:heron214:20170312141358p:plain

BASE は、誰でも簡単に初期費用・月額費用0円で個人ネットショップを開店することが出来るサービスです。

たとえばクリエイターの人が自分のハンドメイドの小物を売ったり、エンジニアがWEBサイトの構築サービスを販売したり、英語が得意な人がスカイプ英会話教室をやったりしています。そこで「関東圏内で撮影募集」のような出品をすれば、検索で引っかかったりして依頼が届きます。

ぼくもブログが有名になるまでは最初はBASEで販売していました。

登録はこちら からどうぞ。

  • ひと月に稼げる目安:~5万


(4)メルカリアッテ

f:id:heron214:20170312141410p:plain

メルカリはかなり有名なアプリですが、メルカリアッテというアプリはご存知でしょうか?

これは実際に販売者と購入者が会って取引をするというものです。そこで撮影サービスを販売すれば、メルカリアッテ内で検索をした人が連絡をくれるかもしれません。

  • ひと月に稼げる目安:~1万


(5)ストックフォト

f:id:heron214:20170312141903j:plain

いわゆる素材サイトです。自分が撮った写真をストックフォトサイト上で公開することによって、法人などが有料で購入してくれます。人が写っている写真や、珍しい写真が売れやすいみたいですね。

有名どころでいくとピクスタシャッターストックなどがあります。

  • ひと月に稼げる目安:~3万


(6)Snapmart

f:id:heron214:20170312141941j:plain

スナップマートはスマホ気軽に写真が簡単に売買出来るというサービスです。その名の通りスマホで撮られた写真が多く、アップロードもアプリからでしが行うことができません。

したがって、必然的に一眼で撮れる鮮明な写真やボケのある写真が少ないです。

そう、あとはわかりますよね・・・?

  • ひと月に稼げる目安:~3万


(7)fotowa

f:id:heron214:20170312141951j:plain

先ほどストックフォトで紹介したピクスタが運営するサービス、fotowa(フォトワ)は出張撮影のマッチングサービスです。

こちらに登録して置くと、自分に合った案件が届くようになります。

  • ひと月に稼げる目安:~10万


(8)TimeTicket

f:id:heron214:20170312141959p:plain

TimeTicketとは、「自分の30分を売る」というコンセプトのサービスです。この中で自分が出品者となり撮影スキルを販売すれば、依頼が届くかもしれません。

  • ひと月に稼げる目安:~5万


(9)個展を開く

ある程度撮った枚数が多いカメラマンの人であれば、個展を開くことで収益にもつながります。どこかの貸しギャラリーを借りて、自由に自分の世界観を表現することが出来ます。

スペなび というサービスはスマホで簡単に空きギャラリーを格安で探すことが出来るのでオススメです。

個展は収益だけでなく、新しい輪が広がったりしそうですね。

  • ひと月に稼げる目安:~?万


(10)撮影会をする

撮影会といっても、自分が講師として教えるには相当なキャリアが必要です。

しかし、そこまで経験が必要ない撮影会のやり方があります。それはマッチングをするということです。写真を撮りたい人と撮られたい人を繋ぐんです。今ならみんなスマホを持っているので、TwitterやInstagramでタグなどを使って探してみましょう。

  • ひと月に稼げる目安:~20万


まとめ

上にいくつも方法をまとめましたが、別に一つに絞る必要はないと思います。オススメはとりあえず全部やって自分に合っているものだけをやるのがいいと思います!


Facebookで「いいね!」をして新着情報を受け取りませんか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑