読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

開放型猫シェルター、キャットガーディアンに行ってきた!

役立ち

本日、大塚にあるキャットガーディアンという保護猫の開放型シェルターでお掃除のボランティアをしてきました。↓↓

東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


シェルターという言葉を聞いてもパッとイメージがわかない人のほうが多いのではないでしょうか?


猫シェルターとは

ぼくは今回のボランティアで初めてシェルターというものを知ったのですが、公式サイトによると以下のよう。

日本初の里親を待つ猫たちの譲渡会場、猫カフェ、猫関連グッズのショップの機能を兼ねたスペース


ここには、保健所から引き取られた猫が住んでいます。

これを閉じた空間ではなく猫カフェのように開放して、誰でも見る、触れ合う、学べるようにした場所がキャットガーディアンです。

f:id:heron214:20160303184030j:plain
(ここが一番大きな部屋で、全部で3部屋くらいあった。)

f:id:heron214:20160303173628j:plain
(猫に関する本がたくさん)

f:id:heron214:20160303173633j:plain
(グッズなどもいっぱい)


キャットガーディアンに猫が引き取られて来るまでの流れ

ペットショップのショーケースに並んだ動物たちは誰にも引き取られなかった場合、猫であればそのお店の看板猫となったり、店員・知人などに引き取られたり、里親を探して。。。という道を辿ることになります。

しかしそういった機会を与えてもらえる動物ばかりではなく、保健所・動物愛護センターに引き渡されたり、街に離されてしまうことがあることも事実です。


キャットガーディアンでは、

保健所・動物愛護センターから猫を引き取る

第一シェルターで去勢・避妊の手術&ある程度人と慣れるようにケア

第二シェルター(これが今回行ってきた開放型のシェルター)

のような流れで猫が集まってきます。


スタッフの方達は、「足りないのは愛情ではなくシステムである」を掲げて、なんとか猫たちのカウントダウンを阻止しようとしています。


本当に猫カフェさながら

引き取られて来たからといって、悲壮感が漂うような場所ではありません。

スタッフの方の努力あって、本当に猫カフェのような感じで内装もおしゃれで、可愛い猫がたくさんいます。

以前、上野にある猫カフェに行ったことがありますが、全然大差ありませんでした。

f:id:heron214:20160303173632j:plain

f:id:heron214:20160303173631j:plain

f:id:heron214:20160303173629j:plain


流れとしては、

①まず最初に受付。「あんまり大きな声ださないでね」とか、「無理に猫を触ったりしないでね」みたいな説明を受けます。

②あとは自由。床に座りこんで猫と触れ合うのもよし。本を読みながら猫について学ぶのもよし。自販機で飲み物を買ってくつろぐのもよし。猫を引き取りたいと思ったら譲渡をうけることもできます。


ボランティアは木曜のお昼でしたが、一般の方だと若い女性、大学生、家族連れ、の人たちがいらっしゃっていました。

掲げている目標が目標なだけに行くのに躊躇してしまうかもしれませんが、猫と触れ合いたいだけというような人でも全然大丈夫です。

例えば、普通にここでデートしちゃうくらいのノリでもおっけー。

まずはシェルターという存在を広めたいということでした。


遊びに行くときは是非寄付を

今回のボランティアでは寄付としてタオルを持参し、掃除用のタオルのカット&部屋のお掃除を行いました。
(猫のお部屋を掃除するのには大量のタオルを消費するみたい)

f:id:heron214:20160303182917j:plain

f:id:heron214:20160303182927j:plain

またNPO法人ということもあって、入場料などは取っていません。

そのかわりに受付では、寄付金を集めていました。

f:id:heron214:20160303173626j:plain


そういうわけで、遊びに行く際は

  • タオル(ユーズドでもOK・大きさは問わない)

  • 寄付金1000円程度

を持って行くと良いでしょう。


シェルターという選択肢を知って欲しい

f:id:heron214:20160303173627j:plain

猫を飼いたいと思ったとき、普通はペットショップあるいは直接ブリーダーに問い合わせるのが普通でしょう。

しかし、その2つ以外にも、「シェルターからの譲渡を受ける」という選択肢があることを知って欲しいとおっしゃっていました。

もしこれから猫を飼いたいと思っているかたがいらっしゃいましたら、シェルターというものがあるんだということを知っておいても良いのではないでしょうか?


団体概要

  • 名称 NPO 法人東京キャットガーディアン

  • 所在地 大塚シェルター : 東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F
    西国分寺シェルター : 東京都府中市武蔵台3-43-9 エクセレントTR 1F

  • オープン時間 平日14:00 ~ 20:00(火曜日を除く)/土日祝日 13:00 ~ 20:00

  • 電話番号 03-5951-1668(携帯へ転送になります)

(土日だと人が多いみたいなので、時間がある人は平日のほうがよさそう。)


f:id:heron214:20160303173625j:plain
(大塚のシェルター。建物の1階ではリサイクルショップも運営しています)

詳しくはこちらを参照に↓

東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~


コメント


f:id:heron214:20151029112909p:plain

今回は、Airbnbという民泊マッチングサービスのミートアップということでボランティアに参加してきました。ブログのネタのために行ったわけではなかったのですが、参加してみたら強い思いを持って運営されていたので、みなさんにも知って欲しいと思い記事を書かせていただきました。ブログをやっていて良かったと思う瞬間でした。 ただちょっと思ったのが、シェルターとかガーディアンって言葉怖くないか?笑

twitter : http://twitter.com/heron214
facebook : https://www.facebook.com/yuiki1994/
instagram : https://www.instagram.com/heron214/
おつまみ美女 : http://otsumami-bijo.com


現在、読者の方募集中です!気に入って頂けた方は下のボタンをポチっとお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑