読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

ファッションスナップされる9個のコツを元スナップカメラマンが教えるよ

ファッション

f:id:heron214:20160122171649j:plain
メンズノンノ 5月号‐Publicity‐mod's hair

原宿とか渋谷に歩いているとカメラマンが道の脇に立ってジロジロ見てくるじゃないですか。

ぼくは過去に1年間くらい、あのファッションスナップのバイトをやっていた経験があります。笑

ファッション雑誌やWEBメディアに掲載されているモデルさんはそのほとんどが街で声をかけられて、その場で写真を撮られている素人です。たまーに事務所を通して事前に撮影日を決めて、、と行う場合もありますが、割合としては2割もいないという感じです。

残念ながら、ただファッションにお金をかけているとかお洒落だというだけでは、カメラマンやモデルハントと呼ばれるメディア編集の人からは声をかけられません。

どんな人に声をかけ撮影するのか、ファッションスナップされるためのコツを9個に分けてわかりやすく紹介します!


① 場所は原宿!

ファッションスナップが行われている場所は圧倒的に「原宿」です。

もう日本中のスナップの8割は原宿で行われているんじゃないかというくらい雑誌もメディアも集まる場所になっています。笑

それも原宿全体というわけではなく、ちゃんとスポットがあります。


そのスポットを以下にまとめておきました!これは永久保存版ですよ。。。!

f:id:heron214:20160229170538p:plain

1 原宿駅から明治神宮前駅にかけての大通り。

2 東急の前。事務所のスカウトや美容師もたくさん居ます。

3 ローソンの前。端の柵みたいなところで待ち伏せしている。

4 ラルフローレンの前。一番このスポットが多い。

5 裏腹のファミマのすぐ隣。

6 キャットストリートの出口のところ。

7 キャットストリートのジャーナルスタンダードの前。


② 曜日は平日がいい!

雑誌やメディアは曜日に関係なく居ます。土日が多いと思われがちですが、意外と平日でも待ち伏せしています。

しかし、土日のほうが街全体に人が多いためそれだけお洒落な人も多く、編集者の目に留まりづらくなってしまう可能性があります。

そういう意味では、平日のほうが声をかけられやすいでしょう。


③ 時間帯は午前中が良い!

スナップされるためには時間帯もかなり重要です。特に朝10時〜12時くらいが一番スナップされやすいと思います。なぜなら、街に人が少ないからです。それだけ、編集の人の目に留まりやすくなります。

それから、スナップしているのも人間です。「よし!今日はノルマ◯◯人だぞー!」と朝にエンジンをかけて家から出てきているので、撮影者側の意気込みの面でもやっぱり朝がgoodです。笑


④ イヤホンも電話もしない。早歩きもダメ。

残念ながらイヤホンをしているだけで、声をかけられる率はガクっと下がってしまいます

あの人は声をかけられたくないんだと思われてしまうので、極力イヤホンをするのはやめましょう。

また、早歩きもいけません。急いでいるから声をかけてもどうせ断られてしまうだろうと思われてしまいます。

スナップをしていて一番辛いのは、「断られること」なので、そこは結構神経質になったほうがいいかもしれません。


ちなみに、当たり前ですが電話をしていたら絶対に声をかけられません。笑


⑤ 1ヶ月先のファッションをしろ!

特に雑誌について言えることなのですが、メディアと違ってスナップを撮ってすぐに発信できるわけではありません。

例えば1月に撮った写真は、2月に発売される雑誌に掲載されます。1月はちょー寒くてコートとマフラーと手袋をしているかもしれませんが、残念ながら2月に発売される雑誌を買う人はそんなコーディネートを求めていないんです。既に春を意識し始めています。

だから、雑誌の編集の人も若干春感を取り入れたファッションを撮りたいと思っています。

よって、スナップされるためには、1ヶ月先を想定した着こなしをしましょう。


⑥ 流行を取り入れる

基本のことですが、流行を取り入れるのは超重要です。

例えば、ファッション界で数年前に流行ったニューバランスのスニーカー、花柄のパンツ、ノースフェイスのバックパック、ニューエラのベースボールキャップなどは、残念ながら時代遅れです。

アイテム一つが流行遅れなだけで、弾かれてしまう可能性は十分にあります。

流行を取り入れ続ける努力というものはやはり必要です。


⑦ その上で自分のオリジナルを取り入れる

残念ながらショップのマネキンをそのままコピーをして流行を取り入れてもスナップはされにくいでしょう。

自分のスタイルにあったファッションというものが必ずあります。

背が人より低いならロングコートは避けるべきだし、ふくよかな体型ならピチピチの洋服はやめた方が良いです。


⑧ ドヤ顔するとバレる

「今日はお洒落してきました!どうぞ声をかけてください!」

みたいな姿勢で街を歩いている人、それ結構伝わってますよ。笑


残念ですが、ちょっとイキっている人と積極的関わりたい人はほとんどいません。笑

たとえオシャレであっても、声をかけたくないと思われてしまうんですね。。。


そして、カメラマンの前を何往復もしない!

これも重要です。

1回前を通って声をかけられなかったからといって、何度も歩くのはめちゃめちゃダサいです。それバレてます。笑

「きっとさっきは目に留まらなかったんだろう」と思っているのかもしれませんが、編集の人たちもプロです。どれだけ人が多くても一瞬で判断して、声をかけるかかけないか決める能力を持っています。

1往復くらいして声をかけられなかったら多分選考を通過できなかったんです。その日は諦めるか、もしくは数時間時間を空けてからにしましょう。

負けを認めるのも、お洒落の形だと思いますよ。笑


⑨ twitterで情報収集

スナップをする日、メディアや雑誌によっては、「今日はスナップをしています」と発信していることがあります。

そういった情報は逃さないように、常にアンテナを張っておくと良いでしょう!


まとめると

f:id:heron214:20151226132438j:plain

1ヶ月先を見越しつつ流行とオリジナリティを取り入れた服装で、平日の午前中に原宿に行きイヤホンを外して、ドヤ顔しないでtwitterを見る

ですね


コメント

f:id:heron214:20151029112909p:plain

いかがでしたでしょうか?僕は元スナップカメラマンでもありますが、雑誌の読モもやっていました(残念ながら休刊してしまいましたww)。この9つのコツを押さえれば、スナップされる確率がグーーーーンとアップすること間違いなしです!そしたら君も瞬く間に読モだー!

そうこんな感じで

おすすめのファッションの教科書↓


現在、読者の方募集中です!気に入って頂けた方は下のボタンをポチっとお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑