読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

初心者が知っておくべき一眼レフの基本設定を世界一わかりやすく解説

カメラ カメラ-一眼レフ

f:id:heron214:20160122023149j:plain

http://free-photos.gatag.net/2014/01/03/070000.html

一眼レフの構造ってよくわかんないですよね。

買ってみたのはいいものの、初めて見る用語と仕組みが、なんかこう「ガッ」と一気に来るので、うろたえてしまいます。。

今回は、まず一番最初に知っておくべき項目3つをまとめました!


序章

一眼レフを始めるにあたって、理解すべき項目は以下の3つです。

  • 「絞り(F値)」

  • 「シャッタースピード」

  • 「ISO感度」

今回はこれらの事項を、感覚的に理解できるようにまとめました。

若干厳密さを若干欠いてでも、とりあえずは構造をなんとなく理解してから始めることのほうがぼくは重要だと思うので、これから一眼レフを始めたい人、一眼を買ったけど使い方がよく分からないような人に是非読んで欲しいと思います!


絞り(F値)

カメラでシャッター切るときに、「カシャッ」って音と一緒に一瞬閉じる穴のような部分あるじゃないですか?

このiphoneの画面をみればピンとくる人も多いと思います。

f:id:heron214:20160121151733g:plain

このレンズの開閉する穴の部分ことを「絞り」といいます。

そしてどれくらい絞りを開閉するかの度合いを、カメラ用語で「F値」と呼びます。


一眼レフでは、写真を撮るときに「絞りをどれくらい開かせるか」を自分で設定します。

この穴が大きく開けば(F値はF1.4とかF2.8のように小さい値)、写真はより明るくピントが合う範囲は狭く(背景がボケる)なります。

逆にあまり開かない(F8とかF22のように大きい値)ように設定すると、写真は暗くピントが合う範囲が広く(背景がボケない)なります。


ハイネケンを撮ってみるとこんな感じ

f:id:heron214:20160122021736j:plain
(F1.8)

f:id:heron214:20160122021553j:plain
(F5.6)

*明るさは補正して同じくらいにしています

F1.8の写真の方が背景がよくぼけているのがわかるかと思いますー!


でも、なんでもかんでもボカせば良い写真になるかというとそういうわけではありません。例えば人を撮るときに、着目する被写体が一人なら思う存分ボカしてもらってもいいんですが、「集合写真」のように縦に並ぶような場合は後列の人もくっきり映る必要があるので、こういう場合はF値を適切に設定する必要があります。んんんなんだか奥が深そうですねぇ。。


ポイント

  • 絞りを大きく開く(F値が小さい)ほど明るくてボケる写真

  • 絞りを小さく開く(F値が大きい)ほど暗くてボケない写真


シャッタースピード

一眼レフでは「シャッターをどれくらいの時間開くか」というスピードを自分で設定することが出来ます。

シャッターって要は、駅とか商店街のあのシャッターと一緒です。シャッターを開けて営業時間を長くすればするほどお客さんはたくさん入ってくるし、その時間が短ければそれだけお客さんが入ってくる数も減ってしまします。

カメラも同じで、シャッターを長く開いていれば光がたくさん入ってくるため明るい写真になり、早く切るほど光がカメラに入ってこないため暗い写真になります。

またシャッターを長く開けばその分写真はブレやすく、短ければブレにくくなります。


1/200秒くらいのシャッタースピードだと「カシャ」

1秒くらいの長いシャッタースピードだと「カーーーーーーーーーーーーッシャ」

というような音になります。

この音がたまらなくて一眼がやめられないという人が世の中にはたくさんいるみたいです。笑


これもハイネケンを使うと

f:id:heron214:20160122022127j:plain
(シャッタースピード1/60秒)

f:id:heron214:20160122022139j:plain
(シャッタースピード1/2秒)

シャッターを1/60=0.016秒しか開いていないとカメラに光はあまり入ってこないので暗い写真になっていますが、1/2秒=0.5秒くらい開いていると、もう光入りまくってめちゃめちゃ明るい写真になっていますね。

外なのか室内なのか、晴れなのか曇りなのか、朝なのか夜なのかで、光の量は全然違いますから、プロのカメラマンはいつ何時も適切なシャッタースピードを一瞬で判断して設定しなきゃいけません。すっげえことしてんだなぁ。。


ポイント

  • シャッタースピードが長いほど明るくてブレやすい

  • シャッタースピードが短いほど暗くてブレにくい


ISO感度

一眼レフでは「どれくらい敏感に光を感知するか」という感度を自分で設定することが出来ます。(厳密に言えば違うんですが)

カメラ業界ではこの感度をISO感度(イソ感度)と呼びます。

感度を高くすればするほど、暗い場所でも明るくブレにくい写真を撮ることが出来ます。その代わり感度が高い分、余計な光まで拾ってしまうためので、ざらつきがある荒い写真になってしまいます。

逆に感度を低くするほど、暗い場所だとブレやすくなってしまいますが、より綺麗な写真を撮ることが出来ます。


高性能の防犯カメラなんかは、この感度をめちゃめちゃ高く設定出来て、Canonが去年発売した防犯カメラなんかは感度400万相当まで挙げられます。(カメラに詳しい人ならこれがとんでもない数値だということが分かると思います。) 肉眼で見えないようなところまでこのカメラならとらえてしまうんですね。すごい。。


ハイネケンもこのようにざらざら

f:id:heron214:20160122022545j:plain
(ISO感度500)

f:id:heron214:20160122022553j:plain
(ISO感度12800)

*明るさは補正して同じくらいにしています


ポイント

  • ISO感度が高いほど明るくブレにくいが、ざらつきのある写真になる。

  • ISO感度が低いほど暗くブレやすいが、ざらつきのない写真になる。


オススメの安いカメラ

で、一通り項目を確認したところで、やっぱり一眼レフに求めるものは、「ボケ」ですよね。

とにかく綺麗に背景をぼかしたい人は、このカメラがオススメ!

CanonのEOS M2です!

4万円ぴったりくらいの格安で購入できて、付属の「単焦点レンズ(F値が2.0)」というものを使えば、背景がめちゃめちゃボケる写真撮れます!

ぼくも触ったことありますが、安い・軽い・小さい・ボケるの4拍子がそろっていて、女性にも人気です。

ちなみにこのレンズ(F2.0)で撮ると、これくらいボケます。

f:id:heron214:20160122190354j:plain

http://cosryoku.com/2016/01/08/post-77/


以上3つの基本事項でしたー!


コメント

f:id:heron214:20151029112909p:plain

カメラ記事について、どんどん書いていきます!出張カメラマンというサービスをやっていますので、ご依頼があれば、下記のSNSなりメールからお問い合わせください!

www.yuiki1994.com


一眼でボケる写真の撮り方はこちら↓

www.yuiki1994.com

現在、読者の方募集中です!気に入って頂けた方は下のボタンをポチっとお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑