読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

絶対失敗しないキンキの煮付けを板前さんから教わったよ!

レシピ レシピ-魚

f:id:heron214:20160306120759j:plain

ぼくの師匠の板前さんから教えてもらった煮付けのレシピです。

煮付けのつゆには、配分の黄金比があります。

今回はキンキという魚を使いましたが、ほかの魚でも同じ割合で煮付けることが出来ます!


レシピ

材料名 1人前 備考
キンキ 1匹 他の魚でもOK
春菊 1束 ししとうやオクラでもOK
調味料
★水 5
★酒 5
★みりん 2
★砂糖 2
★醤油 2

f:id:heron214:20160306120744j:plain
(キンキが70%オフでした。笑)

  • 所要時間 : 15分

  • 材料費 : 1000円


手順

①キンキをお腹側からバッサリ縦に開きます。(切り身の場合はそのままでOK)

f:id:heron214:20160306120746j:plain


②★調味料を水:酒:みりん:砂糖:醤油=5:5:2:2:2の割合で合わせます。量は食材と調味料を鍋に入れたときに、ひたひたになるくらい。

f:id:heron214:20160306120747j:plain


③調味料を強火にかけ、煮立たせます。

f:id:heron214:20160306120750j:plain


④そこにキンキを入れます。写真のように、鍋の大きさは魚とぴったり同じくらいのものが最適

f:id:heron214:20160306120751j:plain

f:id:heron214:20160306120752j:plain


⑤付け合わせの春菊も入れます。

f:id:heron214:20160306120753j:plain


⑥アルミホイルで落としぶたをします。すぐにブクブクと調味料が煮立ってくるので、目で確認してぎりぎり吹きこぼれないような火加減にします。

f:id:heron214:20160306120754j:plain


火をかけたまま10分放置したら完成。こんな感じ。

f:id:heron214:20160306120755j:plain

取り出す時は、フライ返しなどで慎重に。

f:id:heron214:20160306120756j:plain


⑧お皿に盛り付けて、余ったつゆもかけたら出来上がり。

f:id:heron214:20160306120758j:plain

f:id:heron214:20160306120759j:plain


ポイント

  • 煮付けには普通脂が少なめの白身魚を使います。具体的には、カレイ、ヒラメ、タイ、タラ、メバルなどが適しています。

  • 煮付けの時の調味料の割合は、水:酒:みりん:砂糖:醤油=5:5:2:2:2です!覚えてしまいましょう。魚や好みによっては、ここに生姜を入れることもあります。

  • 魚など崩れやすいものを煮付けるときは、強火で短時間が原則です。

  • 落としぶたをすることで、煮立ったときに食材が調味料に浸っていない部分まで味を染み込ませることができます。


こちらもおすすめ↓

www.yuiki1994.com

www.yuiki1994.com


お手入れが楽な鍋はこちら↓


レシピを割合で覚えたい人におすすめの本はこちら↓


コメント

f:id:heron214:20151029112909p:plain

煮付けって難しそうですが、ポイントさえきっちり押さえてしまえば家庭でも美味しく調理することが出来ます。


Facebookで「いいね!」をして新着情報を受け取りませんか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑