読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

オンライン料理教室「らくっきんぐ」を開始します!

料理 料理-料理サロン

f:id:heron214:20161101175550p:plain

こんにちは!

この度、オンライン料理教室、らくっきんぐを始めました!


料理教室「らくっきんぐ」とは?

板前、フレンチシェフ、フードコーディネーターのプロが運営するオンライン料理コミュニティ「らくっきんぐ」は、日々の献立に悩む方や、ネット上に溢れるレシピの数々の中からひとつの料理を選ぶことに疲れている方に向けた「1問1答型」の料理コミュニティです。

らくっきんぐでは、昨年の11月から1月末まで「3ヶ月限定オンライン料理教室」を開催し、1期生の方をお迎えして料理教室として活動してきました。

そして受講者の声やぼくたち講師が実際にサロン運営を行ってきたことで、今後の活動を一新することを決めました。

それがぼくたち3人が掲げる「プロと気軽に話せる料理サロン」です。 参加者の方から投げかけられる料理のお悩みに対して、「板前」「シェフ」「フードコーディネーター」の3人のプロが的確にお答え致します。


提供するコンテンツ

基本はらくっきんぐメンバー限定Facebookグループを通じて交流しますが、コンテンツはそれだけに留まりません。メンバーが賑やかにわくわく料理できるようなコンテンツをいくつもご用意しております。

①各種スレッド

f:id:heron214:20170206211714p:plain

Facebookグループスレッドを使ってプロに質問したり、雑談したり、料理の写真を投稿したりすることが可能です。以下のようなスレッドをご用意しております。 ・講師への質問スレッド ・今日作った料理写真の投稿スレッド ・失敗した料理も楽しく投稿スレッド ・外食ネタバラしスレッド ・料理情報スレッド などなど

②レシピ即時提案LINE

f:id:heron214:20170206211740p:plain

メンバーが送った食材名や料理名に対して、講師が事前に登録しておいた数百のレシピを即時提案するサービスをご用意しました。みなさんが普段使うLINEのアカウントにメンバー限定のらくっきんぐLINEアカウントをご登録していただくとご利用いただけます。

③全12回らくっきんぐカリキュラム

f:id:heron214:20170206211753p:plain

以下は以前らくっきんぐの講師が作成して実際に講義で使っていた、「最短で料理が上手くなる」ためのカリキュラムです。すべての章が1000文字以上のボリュームがある記事でまとめられています。こちらも会員様限定でご自由にご覧いただくことができます。

1.調味料のあれこれ(担当:稲垣) 2.調理道具と調味料について(担当:大堀) 3.野菜の切り方の基本(担当:稲垣) 4.火加減の基本(担当:大堀) 5.フライパン調理の基本①(担当:早川) 6.フライパン調理の基本②(担当:稲垣) 7.煮物の基本(担当:大堀) 8.揚げ物の基本(担当:大堀) 9.常備菜を作ろう・野菜の選び方(担当:全員) 10.料理テクニック(電子レンジ、時短調理、手抜きレシピ、余り物活用術etc)(担当:早川) 11.美味しい盛り付けと写真の撮り方(担当:早川)

12.料理全般の知識・テーブルコーディネート(担当:全員)

※こちらはnote(https://note.mu/lacooking/n/nf7849f9afa29)で有料公開されています。また電子書籍として出版もする予定です。

④不定期での料理を楽しむコンテンツ(企画) 固定のコンテンツの他にも現時点で様々な企画をご用意しています。 ・Facebookライブでの料理動画配信、リアルタイムに質問 ・フードスタイリストによる料理写真の撮影講座 ・オフラインでの「揚げ物教室」の開催 などなど


こんな方におすすめ

らくっきんぐはこんな方にオススメです。

▪️普段の自炊がワンパターン化している ▪️料理は好きだけど献立を考えるのがめんどくさい ▪️大手検索サイト検索するのが苦手

自炊をする方で一番めんどうに感じるのは「考えること」、そして大手検索サイトなどの数あるレシピの中から「選ぶこと」ですよね。ぼくたちはそんな方々のお悩みを1問1答型コミュニティで対応することで解消できます。


詳細

詳細は以下の通りです。

参加料金

参加料金は、980円月額制です。

決済方法についてはこちらのシナプスからご確認ください。


定員

定員は50人の募集になります。

早く定員が埋まれば期間内でも募集を終了する可能性がございます。


よくある質問

Q.料理を全くしたことがないのですが、大丈夫ですか?
A.大丈夫です。だれもが最初、炒め物をするときは終始油ハネにビビるものです。たまねぎの皮は必要以上に剥いちゃうものです。頑張って調理を重ねてステップアップしていきました。あの時ぼくは一人で料理していましたが、このサロンならメンバーに囲まれて料理することが出来ます。

Q.料金は参加費用以外に発生しますか?
A.参加費用はSynapseの月額の決済のみです。ディナー1回分の月額2980円で参加していただける料金設定にしています。
※料理教室や交流会などのイベントのときには、その参加者のみに食材費などの参加費用を回収させて頂きます。

Q.男子でも入会出来ますか?
A.もちろん大歓迎です。料理に性別は関係ありません!


運営メンバー

らくっきんぐには、運営メンバーが3人います!


ガッキー

f:id:heron214:20161101181559j:plain

本名「稲垣直也(いながきなおや)」。1985年・愛知県生まれのフレンチシェフ。現在フリーの料理人として奮闘中!!フレンチ以外にも和食、中華、洋食、エスニックも作ります。出張料理、イベント開催もやってきます。楽しくみんなでワイワイ料理を楽しむをモットーにしてます。ガッチガチのガチのシェフです。

辻調理師専門学校卒。フランス、アヌシーの2つ星レストランClos des sens、東京西麻布の高級レストラン、六本木の高級ホテル、名古屋のビストロ、カフェ、名古屋駅のバイキングレストランなどでシェフを経験。

調理師免許、BBQインストラクターを所持。

料理ブログ、Ludique blogを運営。


ぼり

f:id:heron214:20161101182845j:plain

本名「大堀 悟(おおぼり さとる)」。1987年・石川県(金沢市のあるとこ)生まれの板前。元石川県の工業高校を卒業後、工場勤務、佐川急便セールスドライバー、を経て板前の世界へ。6年間の修行の中で「板前としての成功」が、店主か料理長のほぼ2択だったことや、閉鎖的な板前の世界観に疑問を抱き言及ブログを開始。これまでの前例となるオンライン料理サロン「ユイキッチン」にて和食講師を担当。大阪北新地、個人割烹店2年勤務。東京都港区、料亭4年勤務。

国家資格「調理師免許」、東京都認定「ふぐ調理師免許」を所持。

個人メディア、板前ブログぼりログ、レシピブログぼり飯.comを運営。


ゆいき

f:id:heron214:20161101182827j:plain

ぼくです!

プロフィールはこちら


オンライン料理サロン利用者の声

らくっきんぐ第1期生の方から生の声をいただきました。

現役OL「さくらんさん」

f:id:heron214:20170201082752j:plain

講師陣との距離が近い

らくっきんぐ講師の方々は、修行を積み一流のお店で働いていたゴリゴリの料理人なのにもかかわらず、いい意味でそう感じさせないフランクさがあります。聞きたいことがある時は友達に聞く感覚で気軽に質問できるのがすごいラクで気に入っています。

LINE@で節約ができてる

私は献立を考えるのが苦手(めんどくさい)なので、クックパッドを使ってもそもそも何を作ろう決まっていないから探しようがない。。でもらくっきんぐのLINE@なら冷蔵庫に余っている野菜を送るだけで一瞬でレシピが送られてくるからこれが本当に便利。おかげで食材を余らせることがなくなりかなり節約になっています。ありがたや。

失敗しても一緒に笑ってくれる

SNSでは美味しくできたものしか載せませんがwそりゃ失敗だってします。らくっきんぐにはそんな失敗を投稿するスレッドがあります。のせると講師陣やサロン生が皆ツッコんでくれるので気持ちがかなり救われます(笑)さらに講師陣からはめちゃくちゃ親切に改善点を教えてもらえるので失敗が失敗で終わらないんですよね。一番好きなスレッドです。 らくっきんぐは友達に教えてもらう感覚で気軽に料理を勉強したい方にオススメです!一緒に料理しましょう〜o(^▽^)o

ブログ「きみならわかるだろ」:http://www.skrninjin.net/ Twitter:https://twitter.com/skrninjin/


また、今回講師を務める、早川結希、大堀悟は当サロン「らくっきんぐ」の前身として、「ユイキッチン」というオンライン料理サロンを運営しておりました。前身である「ユイキッチン」のサロン生の声をご紹介いたします!

しみさん

f:id:heron214:20161101181220j:plain

僕が「ユイキッチン」を最高の料理サロンだと思う理由を3つほどあります。


1. 初心者が入りやすい
料理素人だった僕は正直不安だったんですよね。「ちょ、みんな出来すぎ!」とか「レベル高くてついて行けん」ってなりそうなイメージだったんです。料理サロンって。でも全然そんなことはなくて、同じく初心者の方も多かったのと、簡単なものから作りはじめた僕に対しても平等に、いやむしろたくさん褒めていただいて少しずつ「自信」をつけることができました。みんなでがんばろう!というスタンスも良かったですね。料理が楽しい!と思えたのは初めてです。


2. サポートがむっちゃ手厚い
いやもうビックリしました。「オンラインだから、対面の料理サロンよりもサポート薄そう、、」という不安もひっくり返されました。「こんなの作ってみましたー!」と投稿するとすぐにフィードバックがきたり、それに関するリンクが貼られてきたり、結希さんの繊細なサポートがやさしくて惚れそうになりました←。このスピード感はむしろオンラインの強みですね。家で作ったものを載せて、作っているなかで疑問に思ったところを書くと、その場で改善策がもらえます


3. コスパが最高
最後はこれです。なんといってもコスパがいい。安い。ふつう料理教室に通うってなると月に1回いくだけで5000円くらいかかるわけです。(ABCクッキング)しかもオンラインでのサポートなんかもほぼ皆無。その場で覚えてねってやつです。しかしユイキッチンに関しては月1500円で1ヶ月まるまるサポートがつきます(笑)なにこの差w学力が授業中よりも「自習の時間」で伸びるのと同じように、料理も自分で考えて試行錯誤したほうが上達するんだと気付きました。

そのへんの料理サロンに入るよりも断然サロンに入るほうが賢いと思います。ぜひ!!

メディア、はなうた横丁(http://blog.hanauta18.com/) の運営主。ぺーたーず(https://twitter.com/paters__)の一員として、「楽しい」 「友達」 「居場所」をコンセプトにしたバーを開業予定。

参加はこちらから

参加はこちらのシナプスから可能です!

synapse.am


コメント

f:id:heron214:20151029112909p:plain

前身料理サロン、ユイキッチンをリニューアルした料理サロンです!ガチの料理人さんにも運営に入ってもらい、MTGを重ねに重ねて作りあげたオンライン料理教室なので、興味ある方はぜひ!ご入会お待ちしております〜!


Facebookで「いいね!」をして新着情報を受け取りませんか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑