読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くっくす!

調理師・カメラマン・IT企業ビジネスマンによる情報発信メディア

カテゴリー

【新卒フリーランス】今が楽しすぎるので就職を辞めました。

オピニオン

f:id:heron214:20160328192053j:plain

お陰様で、無事上智大学を卒業することが出来ました。

そして、わたくし早川結希は企業に就職する選択肢を取らず、フリーランスで生きて行くことにしました。

先日、ブロガーの八木仁平、エアロビの鳥巣愛佳もフリーランス宣言をしていましたが、実はぼくも新卒フリーランスになる一人です。

www.jimpei.net

note.mu


親しい友達に話すと何故か「やっぱりか」と言われるのですが、ぼく自身は数ヶ月前までこんな道を辿ることになろうとは思ってもいませんでした。


最初は大企業に入ることが目標だった

ぼくは岐阜県の田舎出身で、高校は田舎によくある感じの公立進学校に通っていました。280人中275位で入学したぼくに部活をする余裕などなく、ロボットのように毎日塾に通っていたので、新しいものからの刺激がまるでありませんでした。

そこで養われた思考は、自分の周りの人よりも優れること

みんな進学するから、そのみんなよりも良い点数取ってブランドのある大学へ入学するということが目標になっていました。

そして漠然とその先には、IT系の大手に入って一生安泰、20代後半には家族も出来てくっそ幸せな毎日、という理想がありました。


料理で小さな成功体験を積んだ

無事上智大学に受かることが出来たのですが、高校時代に掲げていた目標があまりにも漠然過ぎたので、大学2年生まではまっっっっっっっっっったくやりたいことがありませんでした

目標がないので、毎日14時に起きて1日中YouTubeとニコニコ動画のつまらない動画を作業のように視聴する。そんな日々が続きました。


そんな中でもなんとな〜く続けていたのが料理でした。ぼくは料理のサークルに入っていたのですが、同時に飲食店でキッチンのバイトもやっていました。

バイトでは、シフトに入る度に火傷したり指を切ったりしながら師匠にがっつり鍛えられたので、料理サークルのメンバーよりもかなり早いスピードで技術を身につけていきました。


そこでぼくは料理サークルというコミュニティのなかでも、ゆいきさんは料理が上手いと言ってもらえるような立場になりました。

調理学校に通う学生や、何十年も料理している主婦の方に比べたら、足元にも及ばないなんてことは重々承知しながらも、Facebookにアップした料理の写真にいいねされたりコメントを貰えると天狗になって、もっと料理を通して目立ちたいと思うようになりました。

自分は料理が出来るという、ある意味勘違いをしたことによって小さな成功体験(=自信)を経験することが出来ました。


ファッションサークルの立ち上げ

ぼくは大学3年生のときにファッションのサークルを立ち上げました。上智大学はおしゃれと言われるのにファッションサークルがなかったんです。だから自分で作っちゃえと。

腕に自信があった料理のサークルでは副代表をしていたので、サークルを自分で立ち上げることの敷居は低くなっていて、ファッションサークルを作りたいと思い立ってからすぐ行動に移すことが出来ました。


勿論思い通りに進むことばかりではなかったので、大変なことは多々ありましたが、それでもゼロから作ることはもの凄く楽しいぞと感じている自分がいました。

このあたりから、大企業ではなく起業もありだなと感じ始めました。


就活はベンチャー企業に絞る

ぼくは就職以外に起業を視野にいれていたので、起業ってどんなもんだってことで起業イベントに参加しました。

参加者30人が金曜の夜から日曜の夜までぶっ通しで作業してアイディアを形にするというイベントで、学生の参加者は2人でした。

バリッバリに仕事が出来る10歳以上離れたビジネスマンとチームを組んで、3日かけてつくった事業ではイベントで優勝することが出来ました。

でもイベントを終えたときの感想は「完全に能力不足だ」ということでした。


ここでビビってしまったぼくは起業を一旦お預けにして、ベンチャー企業で修行することを決意しました。


内定を貰うも2月に辞退

ベンチャー企業は基本的に早い時期に新卒採用を始めるので、大手に行く友達が8月くらいまで就活を続けるなか、ぼくは4月か5月くらいには第一志望のベンチャーから内定を頂いていました。

そこで時間が有り余っていたぼくはそのまま内定先のインターンをしたのですが、そこで八木仁平という男に出会います。

彼は今でこそブログ界で有名ですが、去年の5月くらいに始めて会った時はまだアクセス10万PV・収入は2万程度でした。

それでもブログで収入を得ている人には初めて会ったので、面白いなやつ居るな〜なんて思っていたら、「料理ブログ書いてみたら?」という提案を受けたので、アドバイスを貰いながら7月くらいにブログを始めました。


他にも残り少ない大学生活に生き急いだぼくは、ハッカソンに出場したり、調理師免許を取得したり、おつまみ美女という美女メディアを立ち上げたり、料理キュレーションサイトの公式キュレーターを務めたり、出張カメラマンを開始したり、たくさんスタートを切りました。

特に、出張カメラマンはお陰様で20件以上のご依頼をいただいており、長期のお仕事をいただけるまでになりました。

www.yuiki1994.com


内定を頂いたのは大学4年生の4月だったのですが、その後に多くのスタートを切って今までにないくらい成功体験を連発していて、忙しくも楽しい日々を過ごすようになりました。

そんな生活をしていくうちに、これが自分のやりたいことかもしれない。わざわざこれをぶったぎって卒業後にフルタイムで働いてしまうのが、果たして本当に正しい選択なのか疑問に思うようになりました。

就職先には大変申し訳ないのですが、このままブログやカメラや料理を続けていった先に待ち受けているかもしれない未知の世界への好奇心がどうしても抑えきれなくなってしまい、ぼくは気づいたら内定を辞退していました。


今後やりたいこと

今やっていることは、ブログ、出張カメラマン、バイト、おつまみ美女です。これに加えてこれからやりたいと思っているのが、料理サロン(オンライン料理塾みたいな感じ)の運営です。

料理を上手くなりたいと思っているけれど、実家だから料理する機会がない。一人暮らしだけど何していいかわからない。料理サークルのメンバーを見ていて、そういう人があまりにもたくさんいると感じました。

それってその人が悪いんじゃなくて、環境がいけないだけだと思っています。だからその環境作りをして、支援したいなあと思います。

近々、募集を始めます!


あとは料理本を出版したいので、今年フードスタイリストとフードコーディネーターを取得します!

(もし出版社の方が見ていらっしゃたら、是非是非の是非ご連絡ください!!!!!!!!!笑)


他にもやりたいことが多すぎてパンクしそう。よっしゃ頑張るで〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!



コメント

f:id:heron214:20160328192118g:plain

不安が無いと言えば大嘘になります。だからと言って自分の生きたい人生を生きない選択肢はなかったので、勇気を出してやってみることにしました!なんとかなる、なんとかする、なんとかしなきゃ生きていけない。フリーランスを決意してからは、そういった当事者意識を持って生活出来るようになりました。これからも精一杯頑張って生きていきます!!!!


Facebookで「いいね!」をして新着情報を受け取りませんか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑